老け顔を解消する|目の下のたるみやニキビの治療方法について
女の人

目の下のたるみやニキビの治療方法について

老け顔を解消する

女の人

まずはお試しで解消

顔の目の周りは最も目立つところで、そこに目の下のたるみができると実年齢以上に老けて見られます。マッサージやフェイシャルメイクで見えなくする方法もありますが、時間がかかったり効果も確実ではありません。美容整形で治療すればそれなりに費用はかかりますが安心、確実です。治療方法は症状によりけりですが、まずはお試しをしてみるのも一考です。目の下のたるみが軽度で顔にメスを入れるのに抵抗がある場合はヒアルロン酸やボトックス注入といったプチ整形を検討しましょう。費用も期間も抑えられ、目の下にふっくらとした張りが出て明るい感じがします。ただし効果は一時的なものになり、定期的に注入を繰り返す必要が出てきます。クリニックによって使用するヒアルロン酸の種類や注入法が異なったり、ボトックスの注入量が少ない場合があるので事前に調べてから治療しましょう。

本格的に行う場合

確実に目の下のたるみを解消したい場合はたるみの原因になる眼窩脂肪を取り除く脱脂術で治療します。この治療法であれば半永久的に効果が持続します。下まぶた裏側に小さな穴をあけ、そこから脂肪を除去する経結膜脱脂術や下まつ毛の生え際を切開してそこから脂肪を除去する方法があります。経結膜脱脂術は切らない施術として人気があります。脂肪をとりすぎると目の下がへこんでしまう場合があるので、代わりに脂肪を注入する施術も行います。注入する脂肪は自分自身の物を使用するのでアレルギー反応もなく安心です。局部麻酔するので痛みはほとんどありません。術後1〜2週間ほど腫れが出るといわれていますが、日常生活ではほとんど気にならない程度です。