目元の肌に弾力を|目の下のたるみやニキビの治療方法について
女の人

目の下のたるみやニキビの治療方法について

目元の肌に弾力を

目元

弾力の低下が原因

目の下のたるみの原因は、肌が伸びきったゴムのようになってしまうことにあります。これは、肌でのコラーゲンの生成率が下がり、肌が弾力を失うことが直接的な原因となっています。弾力を失うと、肌は伸びた後に元に戻ることができなくなり、たるんだ状態のままとなってしまうのです。コラーゲンの生成率が下がることが原因ですから、目の下のたるみの治療は、コラーゲンの生成を促すという方法でおこなわれています。具体的には、たるみが生じている部分に、細かなレーザー照射で軽度の刺激を与え、肌が持つ力を一時的に高めるという治療です。これにより新しいコラーゲンが作られれば、目の下の肌の弾力がアップし、たるみは改善されていくのです。

肌の自然治癒力

人間の体には自然治癒力が備わっていて、たとえ切り傷ができたとしても、その部分の肌は自然にふさがっていきます。そしてレーザー治療により、肌は目に見えないようなわずかな傷がついた状態となります。すると自然治癒力が働き、それをふさぐためのコラーゲンが生成されるようになるわけです。目に見えない傷ですから、傷跡が残ることもありません。弱い刺激を与える程度の熱なので、火傷を負う心配もないのです。そして施術時間は15分程度と短く、それでいて施術後の肌は、コラーゲンが生成されるにつれて、日に日に引き締まっていくのです。また、引き締まることで目の下からは、たるみだけでなくシワも除去されます。目元を若々しい状態にすることができるため、多くの人がアンチエイジングのためにこのレーザー治療を受けています。